・新型コロナウイルス(SARS-Cov2)

ウイルスの顕微鏡写真

 現在、人に感染する「コロナウイルス」は7種類見つかっており、その中の1つが昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。その他のうち4種類のウイルスは、一般的な風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。 残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MARS)」になります。コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀と言われています。(事例は有り)

・新型コロナウイルスの脅威

 新型コロナウイルスでは、元気な方でも急激に悪化し、亡くなることがあります。ワクチンがまだ無く、誰もが感染する可能性があります。中国らの報告では、感染すると20%の人が重症化します。息切れ・激しい咳、高熱が続きます。有効な薬はまだ無く、耐えるしかないため、5%程の割合で1~2週間で呼吸困難となり、人工呼吸器が唯一の治療法となります。80歳以上の致死率は5%程で、20代・30代であっても感染者500人に1人の割合で死亡しています。

感染経路

– 接触感染 –
 感染者がくしゃみや咳を押さえた手で周りの物に触れ、他者がそのウイルスが付着した物に触れる事でウイルスが手に付き、その手で口や鼻を触ってしまう事で、粘膜から感染する。

– 飛沫感染 –
 感染者のくしゃみや咳をした際に、唾などの飛沫と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込む事で感染する。

その他の感染経路として、排泄物や主に臨床現場で問題となるエアロゾル(空気中を漂う微粒子)等がありうると言われています。

感染のクラスター条件

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
「新型コロナウイルス感染症対策の見解」
2020年3月9日より抜粋

ウイルスの残存期間

 咳やくしゃみ、話をするときに放出される唾液や粘液の飛沫は1〜2メートルほど飛び、物の表面に付着した飛沫は、表面の材質によって4〜48時間ほど感染力を保ち続けます。

ウイルスの潜伏期間

WHOの知見によると、現時点で潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされています。

効果的な治療法

 ワクチンがまだ製造中のため、有効な抗ウイルス薬等の特異的な治療法はなく、対症療法を行います。

効果的な対策

 一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いアルコール消毒などを行ないましょう。手など皮膚の消毒を行う場合には消毒用アルコール(70%)、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

有効な消毒方法の設定

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構
消毒手法タスクフォース)から抜粋

 経済産業省の要請を受け、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場においてアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすために必要な文献調査を行っており、効果が見込めるものとして3つの選定をした。(4/15日時点)

次亜塩素酸水
界面活性剤
第4級アンモニウム塩

4/18日現在、引き続き調査を行っている最中ではある。ただ、新型コロナに関してはSARSやMARSと同型種と判明しているため認定される予想である。
同協会のオブザーバーは厚生労働省及び経済産業省のため、エビデンスとして問題はない。