除菌PRO東海が、新型コロナウイルス 抗体検査キットの販売を開始!!

新型コロナウイルス感染者発生や、感染予防にコロナ空間除菌のサービスを開始した除菌PRO東海が抗体検査キットの販売を開始。

空間除菌を行っているスタッフに定期的に使用していた抗体キットを一般のお客様への提供をスタート。

新型コロナウイルス第二波が愛知県でも毎日感染者の数が最大人数を更新していく中、新型コロナウイルスは生活に大きく変化をもたらせました。

家族や周囲の人々の命を守るために、気づかいや安全を今まで以上に気にすることが大切です。
新型コロナウイルスは無症状患者も多いと言われていますが、新型コロナウイルスの判断手段が今までは【PCR検査】のみとされていました。

多くの方が自分自身が『新型コロナウイルスかもしれない』という不安で、周りの人への気づかいへのストレスなどを抱えている方も多いのが現状です。

新型コロナウイルスは今でも不確かなウイルスで、検査結果も十分とは言えません。
検査をする手段は3つあります。

【PCR検査・抗体検査・抗原検査】です。

PCR検査を受けるには、症状や陽性者との接触など条件を満たさないと受けることができません。
陽性患者発生後、PCR検査の検査待ちをしている濃厚接触者が後を絶ちません。

感染者と接触したかもと心配される方が1日でも早く安心し、ストレスを溜めない為にも、自宅で行える血液の抗体検査キットは
これからの生活に安心を与えてくれる一つの手段となっていくでしょう。

除菌PRO東海は少しでも感染の心配がある方に、安心して頂きたいと一般の方への販売を開始しました。

ウィルスが体内に入ってから抗体が作られるまでに数日~数か月かかりますが、抗体がつくられることで改めてウィルスが体内に入っても排除してくれる働きがあります。抗体検査が陽性と判定された場合、新型コロナウィルスにかかったことが診断され、同じ新型コロナウィルスが体内に入ってきても再発します。
※検査を行ってもコロナウィルスに感染しないというわけではありません。



注意事項

検体の必要条件
分析は人体の全血、血漿、漿液に徹しています。検体は採取後、なるべくすぐに使用してください。
血漿と漿液の採取について:血漿と漿液は、溶血を防ぐため、血液採取後なるべく早く分離してください。

検体の保管
血漿と漿液は採取後なるべく早く使用し、すぐに使用しない場合は2~8℃の間で7日間、長期保管が必要な場合は-20℃で保管し、2ヶ月以内に使用してください。
冷凍と解凍を繰り返さないようにしてください。
全血サンプルまたは抹消血サンプルは採取後8時間以内に使用してください。
重度の溶血をおこしているものや高脂血サンプルの検査は避けてください。

返品交換について

・商品の特性上「キャンセル不可」商品です。
・発送日は土日祝を除き、迅速に対応いたします。
・発送前に検品を行いますが、万一不良品がありましたらフォームよりご連絡いただければ対応いたします。
・問い合わせについては問い合わせフォームまたはメールでのご対応のみとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です