エアコン付けっぱなしで電気代を節約!?熱帯夜に備えて出来る事

暑くて寝づらい!夏に必須なエアコンをつけながらぐっすり眠れる対策と電気代節約の方法!!

猛暑のを迎えるのも、もうすぐです。
夜も寝づらい気温になってきました。

電気代が勿体ないからと、我慢して寝るのも寝苦しく、寝ている間に熱中症になってしまう危険もあります。

真夏の熱帯夜は寝苦しく、エアコンをつけないと危険な場合もあります。
エアコンを付けていても快適に睡眠をとる方法をお伝えします!

夏の暑い日にはクーラーの電気代が勿体ないからと、付けたり消したりしていませんか?
電源を付けたり消したりするのは逆効果になってしまいます。

エアコンの電気代を節約するのには、自動運転電源を付けたままにしておく事です。
自動運転モードは室温を下げた後、送風状態で室温を保っておいてくれるのです。

暑いときにエアコンの温度を一気に下げるとその分電力を使い、寒くなりすぎてしまい温度を上げたり下げたりと余計な電力を使ってしまうのです。

1日中つけたままのが電気代が高くなるイメージですが、自動運転や送風にしておく方が無駄な電力を使わずに快適な温度を保ってくれるので電気代が節約できます。

エアコンの内部が汚れていたりホコリが溜まっていても、電気代は高くなりやすくなります。
ホコリなどが詰まっている事で、余計な電力をかけているのです。
エアコン内部が綺麗なだけで涼しい風が出やすくなり、健康にもよくカビ防止にもなります。

定期的なエアコンクリーニングをする事で夏にかかる電気代も節約できるのです。
エアコンの自動運転で付けたままと、エアコンクリーニングをして快適な夏を過ごしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です