エアコンから異音?もしかして故障?エアコンクリーニングにお任せ!

そろそろ夏に向けて暑くなってきました。
昼間はクーラーなしだと厳しくなってくる頃だと思います。

夏場には欠かせないエアコンですが、「暑いなー」と使うタイミングでトラブルが起きる事も。

そのトラブルの一つが『異音』です。

エアコンからの異音には様々な原因が考えられます。

まずはどんな音がするかを確認してみましょう。

 

1. ポコポコ・ボコボコ

室内と室外の気圧に差がある状態でよくなる音です。
ドレンホース(排水ホース)から結露した水を受ける時に外気が逆流するような状態になり、ポコポコというような音がします。
気密性の高いマンションなどで、換気扇をつけている状態や強風の時にも音がすることがありますが、故障が原因の可能性はありません。

 

2. カラカラ・カチカチ

エアコンのファンにホコリがつき、ファンが回る時にあたって音がします。
原因はファンの軸がずれているか、モーターの故障が考えられます。
ペアリングのオイルが不足しているので、ホコリの清掃をすると改善されます。
見えない部分のホコリなどは個人で無理に清掃すると故障する恐れがあります。

 

3. キュルキュル

エアコンの室内ファンモーターのペアリングの故障の可能性があります。
ファンにホコリやカビがつまり、それが原因でファンに負担がかかっていると思われます。
ファンモーターの不具合からキーンと高い音がする事があります。
エアコン内部のホコリやカビの清掃で改善されます。

 

4. ミシッ・ピシッ

エアコン内部にある金属製や外枠のプラスチックなどが温度や湿度の変化によって素材がわずかに伸縮します。ミシッ・ピシッなどの音はこの時に発生するので、運転していないときにも発生するので故障ではありません。

 

5. 室外機の騒音

室外機の周りに物を置いていないか確認します。
振動によるもので、コンプレッサー(空気の圧縮機)や送風用のモーターなどの部品の劣化に由来するものなどが考えられます。
ファンの中にゴミやホコリなどが入り込んで詰まってしまうと音がすることがあります。
室外機の中の掃除が必要なので、専門知識をもった業者に依頼しましょう。
自力でやるとさらに故障する原因になります。

 

エアコンからする異音の原因のほとんどがエアコン内部のホコリやカビなど、長い間掃除やメンテナンスをおこなっていないことです。
日頃の管理不足は内部に汚れが蓄積しているとエアコンを使用しても室内の温度が変わらない事や異音のトラブルに繋がります。

定期的なメンテナンスをする事でエアコンも長く使用する事ができます。
エアコンを分解してまでの掃除は個人でやるのはとても難しく故障させる原因になります。
エアコン内部のフィルターの掃除は1年に1・2回はプロによる内部洗浄が理想です。

まずはエアコン掃除のプロに依頼しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です