光触媒とは?

光触媒とは、光触媒加工された表面に、空気中を浮遊しながら近づいてくる細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・アレルギーやシックハウス症候群の原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れなどの有害物質を触媒し分解することができる作用のことです。

圧倒的消臭効果

空間に染み付いたあらゆる臭いを消し、カビまでも除去することができ、カビの発生も抑します。

ウイルス除菌効果

本製品成分のひとつである酸化ケイ素(シリカ)が基材へ強力に定着し、 ウィルスコーティング層表面には二酸化チタンが並び、このコーティング層が、 ウイルスや雑菌の繁殖を抑制します。

暗所でも効果発揮&短期施工

光合成やLEDにも効果対応。紫外線の少ない室内や社内でも効果を発揮します。また、手塗りでも噴霧でも様々な場所に使用可能です。付属のクロスに本液を染み込ませて塗り込みます。

2年耐久抗菌効果

光触媒コーティングは、物理的に塗布面を削らない限り半永久的に持続します。実際の使用では様々な状況が発生することを考慮して耐久年数は2年とさせていただいております。

光触媒作用を引き起こす物質の中でも酸化チタン(Tio2)が最も優れていると言われています。

この光触媒作用によって、除菌、抗菌、除ウイルス、抗ウイルス、防カビ、防汚、消臭効果を得ることができます。

従来の酸化チタン光触媒は紫外線にのみ光触媒効果を発揮したため、外壁塗装によく用いられてきました。
施工には塗料を定着させるためにバインダーという接着剤を使用し、2度塗りをする手間とコストがかかりました。

しかし、近年酸化チタンの粒子をナノレベルまで小さくすることに成功したことで、可視光に反応し、バインダーの必要がない酸化チタンを生み出したのです。

これにより屋内での活用が増え、より安心安全な環境を作り出せるようになりました。

 

酸化チタンの作用

酸化チタンが光に当たると空気中の酸素や水分に反応し活性酸素を発生させます。強力な酸化分解性能により、感染症の原因となる有害物質を無害な水と二酸化炭素に変化させます。

長期間に渡り抗ウイルス、抗菌、防カビ、汚染防止、院内感染防止など、様々な効果を発揮します。これは日本で発見された”世界に誇る環境技術”です。

紫外線を吸収する効果があることから日焼け止めクリームなどの化粧品にも使われており、食品では、ホワイトチョコレートやマヨネーズ、チーズなどに着色料として使われています。

なぜ今、光触媒がウイルス対策として注目されているのか?

他除菌素材と比較して
高い機能性

次亜塩素酸系やアルコール系よりも除菌や消臭の持続性が高く、2年以上の耐久性があります。 さらに、菌やウイルスを無害な水や二酸化炭素に変えるため、人体にも影響がなく環境にも優しいので安心・安全です。

また、なんといっても一度の施工で数ヶ月以上持続するセルフクリーニングの性能はほかにはない機能です。

自社こだわりの
光触媒コーティング

除菌PRO:coat

ー 他社とは違う、高性能な光触媒コーティング材 ー

他社製品に比べて 効果が高く持続する

近年、多くの光触媒製品を見かけるようになりましたが、一言に光触媒と言っても 純度や粒子のサイズ、形状などが異なります。 弊社では佐賀県県有特許を用いた水系光触媒の製法を用いて、槍型形状と多面体形状の酸化チタンを組み合わせ、紫外線はもとより可視光下においてもパフォーマンスを最大限発揮し、また常温下において強固な膜を形成することができるナノ粒子水溶性光触媒コーティング剤を精製しています。

業界最安値!身近にできる光触媒コーティング

「除菌PRO」で取り扱っている当社の光触媒材「jokin-pro:coat」は業界最安値!他社に比べて価格も安いので事業に取り入れやすく、お客様にも使用して頂き易いのです。持続力、分解力の効果は凄まじく、更には暗所でも効果を発揮することが確認されており、金属イオンやアルコールなどが無くても同様の効果を発揮します。

メンテナンスフリーの手間要らず

住宅やマンション、テナントビルなど建物の多くは、屋外のメンテナ ンスに大きな費用を費やします。 窓ガラスの定期清掃や大規模修繕から住宅の外壁塗装など、また近年では排気ガス等 の汚れに加えて PM 2.5 などの化学物質などが飛来し空気汚染などの問題も含んでい ます。

他社製品との比較

除菌PRO:coatは他社光触媒製品に比べて、粒子が細かく酸化チタンが表面に出ている確率が100%。
そのため性能も高く、不純物を含まないので耐候性が高いのです。

除菌PRO:coat

他社製品

分解性能比較でその効果は明らかに

赤インクによる分解比較試験で、他社製品との光触媒濃度や時間経過による分解性 能を比較しました。 

光触媒の濃度差は約 10 倍、その差は分解速度はもちろんのこと、分解力や持続性にも大きな影響を与えます。 

 

他社製品との分解性能比較の実験

各材料塗布後赤インク状態

タイルにそれぞれの光触媒を塗布後、上から 赤インクを吹き付ける。 ※光触媒はそれぞれ 5g 使用しています。

室内照度(約 800LUX)初期

それぞれのタイルの上に 10 円玉を置き、室 内光で照射。アリテラスのタイルは周りが白 くなってきています。

室内照度(約 800LUX)初期

60 分後、アリテラスのタイルは光の当たっ た部分を分解して白く。他社製品はほとんど 変化がないことが分かります。

※この料金表は一般家庭用基本除菌の料金例です。その他の施工メニューはコチラをご覧ください。

光触媒について
よくある質問

様々な金属が光触媒作用を起こすのですが、その中で群を抜いて高い効果を発揮する金属が酸化チタン(二酸化チタン)です。

光触媒発見当初は、紫外線にのみ反応していました。
それから研究が進み、室内照明等の可視光線にも反応するようになり、物が見えるということは、そこに光が届いているということで、明るさが有れば「ON」、真っ暗なら「OFF」となります。
当然、光の量が多いほど効果は高くなります。

酸化チタンは白色の粉末で、古くから白色の着色料として使用されています。
ホワイトチョコレート、和菓子、ガムなどの食品添加物として、また、塗料、化粧品、歯科材料など身近なものにも多く使用されている安全性の高い物質です。

その酸化チタンを水溶液にしたものが、光触媒水溶性コーティング剤の原料です。
物の表面に酸化チタンの極薄い膜を作る事で光触媒加工になります。

窓からの光や照明などの光で反応し、空気浄化作用を繰り返します。
生活空間には様々な細菌、雑菌、病原菌などが存在しますが、『光触媒リレースプレミアムコート』は、住環境の綺麗と清潔を叶え、そこに暮らす人々を快適な生活へと導くのです。
『光触媒リレースプレミアムコート』は、様々な汚れやニオイ、雑菌や細菌など、有害な物質を繰り返し分解し、快適な環境を作り続けます。
また銀イオンを配合している為、光触媒と銀の結合膜(ハイブリッド銀チタン)を形成、暗所でも抗菌・消臭効果を発揮します。

光触媒コーティング
実際の作業風景

経験豊富なプロの手による丁寧な手作業。除菌剤の噴射に加え、手すりやドアノブ等、人が頻繁に触る場所をしっかりとした手作業と専用の薬剤を用途に合わせてコロナウイルス徹底除菌!

動画再生